オンラインカジノ日本




>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノによるならこちら!

 

オンラインカジノは世界的にはメジャーですが、日本人のみなさんには抵抗感も些かあるようです。

 

段々とオンラインカジノ日本の知名度が高くなっているものの、 サイトの前で立ち止まっているのも惜しい話しです。

 

きちんと白黒押し付けたいですが。

 

日本の法律の場合、賭博罪という法律が存在します。

 

ただし、日本の賭博は胴元、プレーヤー共日本国内にいる場合に限って成立します。

 

オンラインカジノがどうなのかと言えば、オンラインカジノは、海外に運営会社が存在します。

 

従って法律は、海外のものに準じて行っていかなければならないのです。

 

だから、日本にはぐっすり賭博罪というものが成立していても、オンラインカジノに対して、日本の賭博罪を成立させることは出来ません。

 

それは、いわば、ラスベガスへ日本人が向かってギャンブルをやっているようなものです。

 

日本人のみなさんは、ラスベガスでのギャンブルをNOというでしょうか。

 

ラスベガスがYESなら、オンラインカジノもYESだ。

 

ただし、ギャンブルを日本の場においてやる事実はここに存在します。

 

今後、明確にオンラインカジノをNOという法律を創る可能性もないことはありませんが、今、ギャンブルであっても、日本の法律で裁けないのが現実です。

 

>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノによるならこちら!

 

オンラインカジノの違法性

 

オンラインカジノをみなさんに楽しんで頂くために ささやかな情報を提供します。

 

前もって、オンラインカジノをする上で、日本でカジノは禁止な筈なのに、なぜオンラインでカジノが出来るのか・・・という疑問を解決しましょう。

 

もしやオンラインカジノは違法?とも思っている人たちが少なからずいる筈です。

 

正に、日本でカジノ自体認められている訳ではありません。

 

日本で合法ギャンブルと言えば、競馬、競輪、競艇、オートレース、もう一度宝くじというものになります。

 

パチンコは三店方式を取り、風俗営業等の規則に従い本ギャンブルとして扱われている訳ではありません。

 

パチンコでさへグレーゾーンなら、オンラインカジノは・・・? 正に、オンラインカジノもグレーゾーンはグレーゾーンのようです。

 

なぜなら、オンラインカジノは運営国では厳正な審査基準をクリアして正式にカジノライセンスを取得しているものです。

 

日本という土壌において、他国の法律で認められているものをやるという、正直に言えば少し今まで例の乏しいケースで、ギャンブルを楽しんでいることが現状です。

 

グレーゾーンという言い方が規則正しい訳ですが、今の所、こんなにオンラインカジノが支持にあたっていても、政治家は誰も何も文句を言わないは、より合法というグレーと言うことになりそうです。

 

オンラインカジノで捕まった判例

 

2016年3月に国内遂に、オンラインカジノプレイヤーが3名摘発されるという報道がありました。

 

現状の日本の賭博法を、オンラインカジノに適用することは不可能であり、無理矢理の法解釈で摘発されたこの3名のプレイヤーに対する対処を、著しく批判してきました。

 

そして先週、我々の主張を後押しする事実として、摘発されたプレイヤーの不起訴が確定しました。

 

 

こちらは摘発された3名のうち、1名を弁護した弁護士が書いた記事になります。

 

そういったブログについてお話する前に、摘発された他の2名についてひとまず説明行う。

 

摘発された3名のうち2名は、公判で争わず、「略式起訴」による罰金刑をもちまして受け入れて来る。

 

「略式起訴」は、どうにも刑事裁判を行わず、罰金だけ払って済ませる簡素的手続きです。

 

つまり、略式起訴で罰金刑にする場合は、法律上妥当であるかを裁判で戦うことがなく、刑が確定することになります。

 

ただし、上記ブログの弁護士が弁護したプレイヤーに関しては、我々と同様、そういった摘発自体が法律によっていない、不当なものだと主張し、競い合うことを選択しました。

 

そして結果として不起訴が成立したことになります。

 

日本で行われた摘発が不当だ、ということを国際オンラインゲーミング業界の多くが主張してきましたが、実例として不起訴になったことは、日本市場にとって大きな進展と言えます。

 

さて、私としておかしいのは、この弁護士の方が不起訴にした法律上の根拠です。

 

ブログ記事を要約しますと、

 

通常賭博法は賭博を提供している、いわゆるオーナー側を処罰するためにあります。

 

そして、プレイヤーに関しては、オーナーを有罪とする捜査による罪という位置づけになります。

 

オンラインカジノの場合は、オーナーは海外のライセンスを取得して運営している以上、完全に適法に行われている。

 

つまり、「胴元のオーナーを賭博罪で有罪にすることができないとわかっていて、プレイヤー側だけを処罰することは不当だ。」

 

とても、賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とするべきだと、「賭博事犯の捜査実務」も書かれているとのことです。

 

所詮そういった3名のプレイヤーを摘発したこと自体、どれだけ不当なことだったかがわかります。

 

結論として、

 

不当な摘発だというちゃんとした法律の解釈による不起訴の実例が確定して嬉しく思いますが、ヨーロッパの各国のように、今後日本がどのようにオンラインカジノを法整備するかの議論にまで、発展してくれればと考えていますので、そのように話し掛け積み重ねるつもりです。

 

オンラインカジノ初心者

 

オンラインカジノ初心者、オンラインカジノプロフェショナル、オンラインカジノは、大きい人たちが遊ぶことの出来る場所だ。

 

遊ぶために、とても、われわれがしなければならないことは、優良オンラインカジノを捜しあてることです。

 

オンラインカジノには、優良でないオンラインカジノもあるということを理解しなければならないだ。

 

悪徳業者の運営するオンラインカジノにひっかかってしまうかもしれません。

 

しかし、ちゃんと優良オンラインカジノの見分け方のテクニックを身につけておけば、そんな被害に会う心配もありません。

 

オンラインカジノがライセンスを持っているかということも大切な問題です。

 

しかし、オンラインカジノのチェックはそれだけではありません。

 

運営実績はあるのか。

 

オンラインカジノが日本語対応しているか。

 

入出金が簡単か、かつ分かり易いか・・・。

 

そして、判らないことがあれば、常時毎日日本人スタッフによって、対応サポートして出向くれるオンラインカジノが好ましいだ。

 

ひとたびオンラインカジノを勝つポイントは、オンラインカジノ選びからと言いたいのです。

 

世界で、オンラインカジノは、2000以上あると言われています。

 

しかし、意外とみなさんにとって理想に叶ったオンラインカジノは、 一桁程度に絞り込むことが可能な筈です。

 

そのためにネットのランキングも有効的に利用しましょう。

 

オンラインカジノがいったいどういうものか

 

オンラインカジノが果たしてどういうものかちょい判らない人たちに、初めて、無料体験をください!と言いたいのです。

 

人気のオンラインカジノも無料の体験が出来ます。

 

入力しなければならない情報はメールアドレスオンリーだったりします。

 

あっというまに簡単にオンラインカジノの登録は出来てしまいます。

 

オンラインカジノ 無料ゲームはお金を賭けないだけで、有料オンラインカジノと同じプレイが楽しめてしまうのです。

 

オンラインカジノを正に体験を通じて、もし至極明るいと思わなければもっと退出すればすばらしいまでの話しです。

 

無料ゆえ何も料金も問題は発生しません。

 

無料オンラインカジノを有効的に利用して下さい。

 

ただし、無料オンラインカジノ体験にはデメリットも存在します。

 

お金を使用しないから、実際のプレイとそこそこ意味が異なって来て仕舞うことです。

 

お金を賭けないから大胆な方法で勝てても、正にお金を賭ければ、その方法に掛かることが出来なかったします。

 

実践と無料体験は違うという認識も何処かで必要です。

 

ただし、無料体験で取り敢えずオンラインカジノに慣れるという意味では非常に効果的です。

 

その間に、入出金のやりとりもノウハウも身につけて下さい。

 

>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノによるならこちら!